私鉄と廃線の旅>北海道/三井芦別駅

私鉄と廃線の旅> 北海道/三井芦別駅

2019-6-10北海道芦別市にある、廃線となった三井芦別鉄道[引用1]の、かって三井芦別炭鉱の主要な玄関口であった、(廃駅)三井芦別駅へ行って参りました。

 戦前に、石炭輸送の足として始まった三井芦別鉄道は、1972年まで従業員の便のために、旅客輸送も行っていました。 三井芦別炭鉱の規模は大きく、従業員が住んでいた三井芦別駅[引用2]は、戦後まもなくは大いに栄えたようです。
 今でも残っているかっての駅舎は、大変立派で昔の栄華が偲ばれます。 現在のJR芦別駅よりも規模が大きいです。
   2019-11ky
2019/旧三井芦別駅 画像の拡大画像の拡大
 
└→他のスケッチ集を見る

 駅に至る取り付け道路は広くて立派で、左右に商店街が軒を連ねていました。
↓の写真で、突き当たり正面の緑の屋根が駅、その左右にいくつか商店が残っています。 多くの古屋は取り壊されて、写真のようにすっきりとした印象です。
   三井芦別駅/1 画像の拡大画像の拡大  

 振り返れば、道路の向こう側(東側)に野原が見えますが、かっては見渡す限り社宅が並んでいました。 現在はすべて取り壊され、数件見える家は市が新規分譲して、新たに建てられたものです。↓
   三井芦別駅/2 画像の拡大画像の拡大  

近寄れば、↓のような感じです。 今のところ、野原に立つ二軒屋という風情ですね。
   三井芦別駅/3 画像の拡大画像の拡大  

 子ども達の喧噪で満ちあふれていただろう小学校も、「74年間 ありがとう」と閉校です。 左の体育館が大きくて、三井芦別炭鉱の規模が想像できました。↓
   三井芦別駅/4 画像の拡大画像の拡大  


こちらの駅記事もご覧ください。


  芦別駅
芦別駅
 

関連記事


  [引用1]: 三井芦別鉄道、ウィキペディア
  [引用2]: 三井芦別駅、ウィキペディア