right22.jpg(1373 byte)平城山(ならやま)駅 RSS1.0 right22.jpg(1373 byte) 

2013-11-04 奈良県奈良市平城山(ならやま)駅に行って参りました。
2017-07-01 平城山(ならやま)駅周辺(といっても奈良は車社会です)のグルメ情報を追加しました。
2017-10-26 グルメ情報を更新しました。 大仏アンパン閉店、ぜいたく豆本店はローソンに衣替えです。

 平城山(ならやま)は、平城宮真北の裏山になります。 ということで奈良時代から歌に詠まれ、新しくは北見志保子さんの歌で知られています。 最近では浅見光彦シリーズ「平城山を越えた女」でも親しまれています。 個人的には、これは浅見光彦シリーズ中の最高傑作だと思います。

 平城山駅は、昔から京都と奈良を結ぶ交通の要所に位置し、現在でも幹線道路である国道24号線と、それに並行して走るJR関西本線、奈良線が走っています。 今は平城ニュータウン東の玄関としての役割もありますが、ニュータウン中心からやや離れているので近鉄高の原駅が交通の中心となっており、ややさびしい光景です。
西口はニュータウン玄関口、東口は佐保台住宅の玄関口となっています。

 西口を出て、西に約500m進むと、飛鳥時代、奈良時代に平城宮と京都を結んだ主要幹線道路である「歌姫の道」にぶつかります。 1kmほどの区間が保存されていますので、一度訪れて遠き昔をしのぶのも良いのではないでしょうか。
現在の歌姫の道の様子は↓(絵をクリックすると大きくなります)
  
歌姫の道
  └→詳しく見る

 平城山駅周辺の様子は↓の動画をご覧ください。
 


 奈良市民は節操を旨とした生活をしていたようで、奈良名物といえば「月が写る」茶がゆと言われていますが、色々とインパクトのあるB級グルメを持っています。  その中のいくつかを紹介します。高価なグルメとしては、柿の葉寿司とか、笹寿司もあります。
└→他の駅を見る

なおJR最長経路については、JR最長経路問題・厳密解をご覧ください。

周辺のこちらも訪れました。

梅の花綻ぶ歌姫の道

奈良市 平城宮跡のすすき

ならやま里山林を歩く 奈良市 散策

平城左京団地 散歩の会