水戸駅

水戸駅 RSS1.0

2018-03-01 茨城県水戸市水戸駅に行って参りました。

 3月梅の水戸は、おそらく一年で一番華やいだ季節を迎えています。
JR水戸駅はJR常磐線とJR水郡線が乗り入れる駅ですが、鹿島臨海鉄道・大洗鹿島線も乗り入れています。 ターミナル駅として多くの乗客を迎入れ活気を感じます。

 駅は立派な駅ビル(EXCEL)の2階に改札、1階にホームという構造になっています。 南口、北口ともロータリーが完備され、駅ビルには小さなスーパー二店その他、生活に必要なお店が並んでいます。 駅近くに住んでいれば、いわゆるコンパクト・シティが実現されており、来る高齢化社会を迎える準備が済んでいるように見えます。  ところが水戸の住人に聞くと、駅近くは半数が駐車場と化し、郊外のお店に客が流れている、水戸駅の乗客も最盛期の半数まで落ち込んでいるそうです。 ここも自動車社会になっているのですね。

 水戸と言えば納豆、光圀公を思い浮かべます。 ということで、南口は納豆の像、北口には黄門さまの像がお出迎えです。 さらに、水戸城、旧弘道館など江戸時代の旧市街は駅に隣接しており、観光もとても便利です。 水戸藩民の庭園である偕楽園は、千波湖に面し、特に梅の季節は観光客であふれています。

 水戸駅周辺の様子


 水戸市は長らく藩の中心だったので、また光圀公がグルメだった影響か、料理や和菓子の種類が豊富で、グルメにはたまりません。
水戸市の名物をいくつかつぎに挙げてみます。
└→他の駅を見る

なおJR最長経路については、JR最長経路問題・厳密解をご覧ください。

周辺のこちらも訪れました。

水戸偕楽園2018梅まつり

水戸観光 弘道館の梅

水戸市森林公園

大洗マリンタワー

right22.jpg(1373 byte)日立駅の記事へ 

西国分寺駅へright22.jpg(1373 byte)