JR最長経路の旅/関東/谷保(やほ)駅

JR最長経路の旅/関東/谷保(やほ)駅 RSS1.0

2019-3-9 東京都国立市の南がわにある谷保(やほ)駅へ行って参りました。

 駅南口前は↓のようなのどかな風景が広がります。 丁度、梅が満開です。

(写真をクリックすると拡大します)
  #1#  

 その昔、国立市の中心は、ここ南武線谷保(やほ)駅あたりでした。 関東政治の中心であった府中の西隣にあたり、甲州街道に面し、水田に適した水が豊富で、大いに栄えていました。 今では市の中心は、北の中央線国立駅周辺に移り、東京への通勤も乗り換えが必要なことからやや不便で、静かなたたずまいです。

 一方北口側は、幅広い取り付き道路があり、小さいながら駅前ロータリーもあります。 周辺の様子は↓をご覧ください。
谷保(やほ)駅周辺の様子↓(+拡大動画はこちら)
   

 小さな駅ですが、構内には名物があります。
 苔玉[引用1]です。 ↓の写真をご覧ください。 朝の出勤時、帰りの帰宅時、通るたびに人の心を癒してくれています。

(写真をクリックすると拡大します)
  #1#  


 谷保(やほ)駅周辺では、なんと言っても谷保(やぼ)天満宮および境内の梅が有名です。
駅南口を出て、まっすぐ南に向かい甲州街道へ出ると、対面が谷保(やぼ)天満宮[引用2]です。
江戸時代の著名な狂歌師の大田蜀山人(南畝)が、「神ならば 出雲の国に行くべきに 目白で開帳 やぼのてんじん」と詠み、ここから「野暮天」または「野暮」の語を生じたと逸話に伝えます。[引用3]

谷保(やぼ)天満宮およびのその周辺の様子は↓の動画をご覧ください。
国立市 谷保天満宮と城山 散策↓(+拡大動画はこちら)
   

こちらの駅記事もご覧ください。


 西国分寺駅
西国分寺駅
 国立駅
国立駅
 
 

└→他の駅を見る。

なおJR最長経路については、JR最長経路問題・厳密解をご覧ください。

周辺のこちらも訪れました。

武蔵府中熊野神社古墳 (拡大版動画鑑賞はこちら)


関連記事


  [引用1]: 苔玉、ウィキペディア
  [引用2]: 谷保(やぼ)天満宮、谷保(やぼ)天満宮
  [引用3]: 谷保天満宮、ウィキペディア