right22.jpg(1373 byte)足利駅 RSS1.0 right22.jpg(1373 byte) 

2017-5-8 群馬県足利市、JR両毛線足利駅へ行って参りました。
2017-6-12 足利駅周辺のグルメ情報を追加しました。

 近世の足利は織物で栄えた町です。 駅改札を出て左側すぐの、駅前公衆トイレ入口のれんは、なんと豪華な足利織りでお出迎えです。 すごいですね。↓

 

 駅舎は配色が素晴らしく、恐らく足利織りをイメージしているのではないでしょうか。 電車は昼間、1時間に一本で、周りの建物は立派ですが、空き店舗がありました。 近くに東武足利市駅があり、こちらは昼間でも1時間に三本で、便利が良いようです。

足利駅周辺の様子


 個人的には、水飲み場の、人が近づくことで自動的に水が出てくる仕掛けに、感心しました。 上の写真、右下に水飲み場が見えます。

 中世の足利は、足利学校(今で言う大学)があるところで有名でした。 駅近くに今でもその姿を見ることが出来ます。 関東地方学問の中心だったようです。

足利学校


 足利市周辺には個性のあるB級グルメがあります。
その中のいくつか食べてみました。
織物が盛んだったので、働く人向けに庶民的なグルメがはやっていたのでしょうか。 ジャガイモの大産地なのかも知れません。

 さらに最近では、足利フラワーパークが、すばらしい藤で有名になりました。 是非一度シーズンに観られたら、と勧めます。 また渡良瀬橋の歌で、「夕日のきれいな町」として知られることになりました。 いずれも訪問しましたので、↓の動画をご覧ください。
└→他の駅を見る

なおJR最長経路については、JR最長経路問題・厳密解をご覧ください。

周辺のこちらも訪れました。

あしかがフラワーパークの藤の園

渡良瀬橋の夕日を求めて

八王子山公園のシバザクラ