JR最長経路の旅>中部/佐久平駅

JR最長経路の旅> 中部/佐久平駅

2017-07-14 佐久平駅周辺のグルメ情報を追加しました。
2016-09-09 長野県佐久市 佐久平駅へ行って参りました。

 長野新幹線(現在は北陸新幹線)の新駅として開業した佐久平駅は、ここで小海線(八ヶ岳高原線)と接続しています。 乗り換えの際は、一旦改札口から出て100mぐらい歩くことになるため、途中下車かと心配してしまいますが、特例で大丈夫なそうです[引用1]

 佐久と言えば鯉ですが、表玄関である蓼科口には、鯉の像が真ん中で跳ねている噴水−「満月の池」がしっかりお出迎えしてくれます。
   佐久平駅/1 画像の拡大画像の拡大  

こちらは目の前を国道141号線と、県道44号線が走り、現在はスーパー2つの他多数の大型店やレストランが集まり、今やこの地域の中心街という感じです。 また、隣接して市民交流ひろばという、噴水のある大きな公園があります。

 一方、反対側の浅間口のほうは、これからという発展途上に見えますが、実はこちら側のほうが、佐久平駅よりも古くから、住宅地として開けていた場所柄です。

佐久平駅周辺の様子↓
    画像の拡大画像の拡大

 佐久平駅周辺のグルメといえば、鯉と鰻がまず挙げられます。 佐久平は下の動画にあるように、日本で一番海から遠いです。 そこで、貴重な動物性蛋白源として川魚を食べてきたわけです。 佐久では鯉は養殖され[引用2]、鰻は川で捕獲されていました。 今でも昔の街道沿いにいくつものお店があります。 鯉はいくつかのお店で食べてみましたが、刺身でも川魚特有の臭みがなく、油が少なめで、少しこりこりした感じでした。 近年はスーパーでも売られており、身近に美味しく味わうことが出来るようになりました。 鰻は食べたことが無いのですが、人の話では大変美味しいそうです。
 佐久平のお米、五郎兵衛米[引用3]も紹介しないと、佐久平の人に叱られます。 食べてみると大変美味しいもので、新米の出る秋が待ち遠しいです。
 B級グルメとして忘れていけないのは、御代田町のお煮かけうどん[引用4] です。 甲府のほうとうに似た、具だくさんの延びたうどんです。 毎年、役場交差点入り口にあるお店で、五郎兵衛米の持ち味を生かしたカレーライスと共に美味しく頂いていましたが、2015年に店じまいをされてしまいました。 残念です。

こちらの駅記事もご覧ください。


  軽井沢駅
軽井沢駅
  岩村田駅
岩村田駅
  御代田駅
御代田駅
  野辺山駅
野辺山駅

└→他の駅を見る。

なおJR最長経路については、JR最長経路問題・厳密解をご覧ください。

周辺のこちらも訪れました。

日本で一番海から遠い地点↓
    画像の拡大画像の拡大
佐久市 長野牧場 ヒマワリとソバ↓
    画像の拡大画像の拡大
佐久市 市民交流ひろば↓
    画像の拡大画像の拡大
佐久市 野沢ぴんころ地蔵 お参り↓
    画像の拡大画像の拡大

関連記事


  [引用1]: 佐久平駅、ウィキペディア
  [引用2]: 佐久鯉、ウィキペディア
  [引用3]: 五郎兵衛米、信州佐久旅の観光ガイド
  [引用4]: 御代田名物「お煮かけうどん」、御代田町商工会