佐藤和夫>JRの旅>東北/東能代駅

佐藤和夫>JR最長経路の旅> 東北/東能代駅

2018-9-30 秋田県能代市 五能線の始発駅であり、奥羽本線との接続駅である、東能代駅へ行って参りました。

 乗換駅なのでみどりの窓口がありますが、かなりシンプルな出で立ちです。 駅よりも、背後に見える大きな羽の風車群の出迎えが印象的です。
   2018-7no
2018/東能代駅 画像の拡大画像の拡大
 
└→他のスケッチ集を見る

 駅の南側には羽州街道、および能代バイパスまで延びる立派な道路があります。 ただ、能代市の中心は西北3kmの五能線能代駅のあたりであり、江戸時代に栄えた能代港は、その西側です。 よって、東能代駅近辺は寂れた状況にあります。
 秋田県から北の青森までの海岸線を見渡すと、秋田港あたりの海岸線から、男鹿半島の高台、五能線沿いの高台には風車が列をなしています。 高台は段丘をなしているところもあり、そこでは海岸線近くよりも、作物を育てやすい、つまり畑が多く見られました。 畑の中に巨大な風車が連なっているという、イメージです。

 東能代駅のある能代市は古くから、白神山地の木材積み出し港として栄えてきました。 歴史ある能代市の食文化をごく一部紹介します。 北にある深浦町(JRの旅>十二湖駅参照)、南にある秋田市(JRの旅>秋田駅参照)などとの、共通の食文化圏を感じます。

こちらの駅記事もご覧ください。


  十二湖駅
十二湖駅
  秋田駅
秋田駅
 

関連記事


  [引用1]: ミズ(ウワバミソウ)、森と水の郷あきた