私鉄と廃線の旅>関東/鷹の台駅

私鉄と廃線の旅> 関東/鷹の台駅

2020-5-12 東京都小平市[引用1]にある、西武鉄道国分寺線、鷹の台駅に行って参りました。

 鷹の台駅は1948年開業、比較的新しい駅です。 津田塾大学のすぐ近くですが、津田塾が大学になった年に出来ました。 おそらく、大学からの働きかけがあったのだと思われます。 現在は、周りに沢山の学校が出来、朝晩は学生たちであふれています。
 国分寺線は、単線でありながら長い6両編成、ラッシュ時は1時間あたり14本と過密とも思える運行ダイヤです。 西の京福電鉄嵐電本線[引用2]東の国分寺線とも言える、単線なのにどうやって運行しているのか分からない、不思議な路線です。 きっと、社員のスキルが高いのだと思われます。

 この中で、JR国分寺駅で乗り換えて二つ目の鷹の台駅は、駅前ロータリーもなく、したがってバスや見送りの車もなく、一見、小さな平凡な過疎駅に見えます。
ところが、よく見ると見所沢山の駅です。 最後になりましたが、このあたりの食文化については一橋学園駅をご覧ください。

タグ: #鷹の台駅#歴史#地理#玉川上水#津田塾大学#風景画#スケッチ#白梅学園#武蔵野美術大学#通学路#グルメ#ジャブジャブ池

あわせて訪ねたい駅


  一橋学園駅
一橋学園駅
  多磨駅
多磨駅
  東村山駅
東村山駅
 

└→他駅もご覧ください。

なおJR最長経路については、JR最長経路問題・厳密解をご覧ください。

周辺のこちらもご覧ください。

小平市立中央公園 散策↓
    画像の拡大画像の拡大
小平市 秋の中央公園と薬用植物園↓
    画像の拡大画像の拡大
小平市 玉川上水グリーンロードの紅葉↓
    画像の拡大画像の拡大
小平市 上水本町保存樹林の蝉の声↓
    画像の拡大画像の拡大

関連記事


  [引用1]: ^小平市、ウィキペディア
  [引用2]: ^太秦広隆寺、嵐電