JR最長経路の旅>関東/南多摩駅

JR最長経路の旅> 関東/南多摩駅

2020-4-24 東京都稲城市大丸にある、南多摩駅へ行って参りました。

 立川から出発したJR南武線が南下して、多摩川を渡り切ったところに、南多摩駅があります。 南武線は以降、川に沿って南下し、川崎駅に向かいます。
 駅は多摩丘陵の北東端に位置し、昔は多摩川と山並みの間のわずかな平野に立っていました。 おそらく山間の駅という感じだったと思います。 今は西と南の山が削られて開けた感じになっていますが、南側多摩丘陵に向かって、緩やかだが長い坂が続いています。

 駅は再開発され、北口(多摩川側)に車ロータリーが出来ました。↓
   2020-8mt
2020/北口@南多摩駅 画像の拡大画像の拡大
 
└→他のスケッチ集を見る

 改札を出て右に進むと、元気な黄色い「梨」のマスコット=稲城市のゆるキャラ「稲城なしのすけ」がお出迎えです。↓ なお写真右側は、稲城市内を運行しているiバスと呼ばれるコミュニティバスで、やはり稲城なしのすけが車体中央に描かれています。
   南多摩駅/1 画像の拡大画像の拡大  

 北口にはさらに、ヤッターマンに登場したヤッターワン[引用1]の像(モニュメント)があります。
   2020-7yt
2020/ヤッターワン@南多摩駅 画像の拡大画像の拡大
 
└→他のスケッチ集を見る

また特記事項として、大丸用水が駅の少し上流で、多摩川から取水され、駅を通り、南武線に沿った形で下流の稲作地帯を潤しています。 稲城市大丸親水公園という形で、用水に沿って稲城長沼駅まで気持ちよく歩けます。 一度歩いてみてはいかがでしょうか。
 その様子は↓の動画をご覧ください。
稲城市大丸親水公園↓
    画像の拡大画像の拡大

 さて、今度は駅の南口(多摩丘陵方面)です。 再開発後、道路が広がりましたが、バス、車の送迎用ロータリーは北口に集中しており、裏通りとなっています。 したがって南口は、稲城市立病院、稲城市立中央図書館、大丸公園、城山公園への、徒歩での玄関口となっています。

 ここで、稲城市周辺の名物を紹介します。
└→他の駅を見る。

なおJR最長経路については、JR最長経路問題・厳密解をご覧ください。

周辺のこちらも訪れました。

稲城市 城山公園を歩く↓
    画像の拡大画像の拡大
桜ヶ丘公園散策↓
    画像の拡大画像の拡大

こちらの駅記事もご覧ください。


  谷保(やほ)駅
谷保(やほ)駅
  多磨駅
多磨駅
 

関連記事


  [引用1]: ヤッターマン、ウィキペディア
  [引用2]: 稲城市の特産品 「梨」、稲城市ホームページ
  [引用3]: 稲城市の特産品 「ぶどう」、稲城市ホームページ