佐藤和夫>読書感想>世界を変えた野菜読本

佐藤和夫>読書> 世界を変えた野菜読本

 トマト、ジャガイモ、トウモロコシ、トウガラシ。 これらは新大陸の野菜類です。
この本は旧大陸の人から見て未知の、新大陸野菜類発見、そして利用の歴史を書いたものです。

感想


 考えてみると、トマト抜きのイタリア料理、トウガラシ抜きの韓国料理たち、想像もつきません。
でも新大陸発見後にたった400、500年前に、その国の食文化がまったく変わったのです。 すごい影響ですね。
 ジャガイモのおかげで、ドイツ、アイルランドなどの北国は、飢餓に苦しまなくて済むようになり、北ヨーロッパの人口は増加しました。
でもあるとき、ジャガイモ不作があり、アイルランドの人達は仕方なく、アメリカへ移住しました。 移住当時は苦労したでしょうが、今や大成功を収めています。
世界の歴史を大きく変えた野菜たちでした。 たかが野菜、されど野菜ですね。

 料理好きはもちろん、歴史および地理好きにも、お薦めの本です。

基本情報

 書名: 世界を変えた野菜読本
 著者: (金原 瑞人訳)シルヴィア・ジョンソンさん
 ISBN:  978-4-794-96412-0
 出版日: 1999-10
 出版社: 晶文社
 読書日: 2012-12-03

他の記事もご覧ください。

 └→もっと見る