JR最長経路の旅>関東/稲城長沼駅

JR最長経路の旅> 関東/稲城長沼駅

2021-03-20 東京都稲城市東長沼にある、稲城長沼駅へ行って参りました。

 立川から出発したJR南武線が南下して、多摩川を渡り南多摩駅のつぎが稲城長沼駅です。 南武線は以降、川に沿って南下し、川崎駅に向かいます。 このあたりから線路は多摩丘陵を離れ、関東平野の端という感じになります。

 長沼駅は隣の南多摩駅と歩調を合わせて再開発中です。
駅の外観は南多摩駅とそっくりで、どちらもJRらしからぬ垢抜けたデザインです。 駅前は、ここが東京?と思わず言ってしまうほど、ゆったりとした空間です。

 さて、駅の南口(多摩丘陵方面)から紹介します。 こちらは交通量の多い川崎街道沿いですが、駅前が再開発で駅前広場になっており、そこに巨大な人型ロボットなどが姿を現し、壮観です。
   2021-03su
2021/スコープドッグ@稲城長沼駅
画像の拡大画像の拡大
 
└→他のスケッチ集を見る

 これらは稲城在住の大河原 邦男さん(日本最初の専門メカニックデザイナー)[引用1]によるものです。

 今度は北口(多摩川側)に向かいます。 北口は再開発が終わっていますが、昔ながらの風情を残しています。 北に向かうと100mぐらい先には梨畑が、200mぐらい先には大河原 邦男さんの作業場があります。 横には、今は暗渠になっていますが、大丸用水が流れています。
 南口、北口駅周辺の様子は↓の動画をご覧ください。
JR最長経路の旅 稲城長沼駅↓
    画像の拡大画像の拡大

また特記事項として、大丸用水が南多摩駅の少し上流で、多摩川から取水され、駅を通り、南武線に沿った形で下流の稲作地帯を潤しています。 稲城市大丸親水公園という形で、用水に沿って稲城長沼駅まで気持ちよく歩けます。 一度歩いてみてはいかがでしょうか。
 その様子は↓の動画をご覧ください。
稲城市大丸親水公園↓
    画像の拡大画像の拡大

 ここで、稲城市周辺の名物を紹介します。
└→他の駅を見る。

なおJR最長経路については、JR最長経路問題・厳密解をご覧ください。

周辺のこちらも訪れました。

稲城市 多摩川緑地公園近くの河原を歩く↓
    画像の拡大画像の拡大
EWK 多摩川親水公園と大丸親水公園↓
    画像の拡大画像の拡大

あわせて訪ねたい駅


  南多摩駅
南多摩駅
  谷保(やほ)駅
谷保(やほ)駅
  多磨駅
多磨駅
 

関連記事


  [引用1]: ^ 大河原 邦男、ウィキペディア
  [引用2]: ^ 稲城市の特産品 「梨」、稲城市ホームページ
  [引用3]: ^ 稲城市の特産品 「ぶどう」、稲城市ホームページ